NPO法人 東京を描く市民の会 公式サイト

2014-8都庁展 mail.jpg

入会のお誘いmail.jpg

東京を描く市民の会とは

「東京を描く市民の会」は、一般市民を対象として、東京の都市景観の中から特に感動し、残したいと思う印象深い風景を選び、それらを描き、写して、その大切さを多くの人々に呼びかけ、記録し発表する事業を行い、市民一人一人が都市の中に見失っていた美しい景観を見出し、それを守り続け、環境づくり町づくりに寄与することを目的とした非営利活動法人です。

「東京を描く市民の会」の会員は、一般市民を主に、美術愛好家、画家、建築家、写真家などの集まりで、初心者・専門家の区別はありません。この会はこの目的に沿って、会員のボランティア活動で運営されています。

「東京を描く市民の会」の行事は、
1)月例写生会、 2)展覧会、
3)見学会、   4)講演会、
5)研究会、   6)合宿写生会、などです。
この行事について専門分野の方の助言を頂くよう企画しています。

 なお、「東京を描く市民の会」では絵画・写真などの技術指導は行いませんが、月例写生会では、会員の皆さんが作品を前にして、お互いに学びあうことをしています。初心の方々のご加入を歓迎いたします。

information

2014.1.6 月例会リポートのページを更新しました。こちらから。

inserted by FC2 system